会社沿革
年月
アスク
浅野スレート
1914年(大正 3年)12月
 
東京深川に浅野スレート工場を建設し、 わが国最初の石綿スレートを製造 (浅野スレート株式会社の創立)
1915年(大正 4年)2月
 
浅野スレート株式会社設立、浅野スレート工場は同社東京工場となる
1918年(大正 7年) 8月
 
浅野スレート株式会社 門司工場開設
1923年(大正12年)10月
 
浅野セメント株式会社と合併、同社スレート部となる
1924年(大正13年) 3月
横浜市神奈川区に朝日スレート株式会社を設立 (朝日石綿工業株式会社の創立)
 
1924年(大正13年)10月
朝日スレート株式会社 横浜工場開設
 
1927年(昭和 2年)2月
朝日スレート株式会社 本店を横浜市鶴見区に移転
 
1928年(昭和 3年)
石綿紡織株式会社設立
 
1930年(昭和 5年)4月
 
浅野スレート株式会社 名古屋工場開設
1933年(昭和 8年)
石綿紡織株式会社、朝日石綿紡織株式会社に社名変更
 
1939年(昭和14年)7月
 
浅野スレート株式会社 札幌工場開設
1942年(昭和17年)
朝日石綿紡織株式会社、朝日石綿工業株式会社に社名変更
 
1949年(昭和24年)5月
朝日スレート株式会社 東京証券取引所に株式上場
 
1950年(昭和25年)12月
(旧)朝日石綿工業株式会社、株式会社朝日ビルディングを吸収合併して自動車関連事業(摩擦材、シール材)の山梨工場を加え、商号を朝日石綿工業株式会社に変更し、本店を東京都中央区に移転
 
1951年(昭和26年)5月
 
日本セメント株式会社より独立し、アサノスレート株式会社を設立
1951年(昭和26年)10月
 
東日本スレート興業株式会社、大阪スレート興業株式会社、九州スレート興業株 式会社を合併し、商号を浅野スレート株式会社に変更
1960年(昭和35年)7月
 
関東浅野パイプ株式会社を設立
1961年(昭和36年)6月
朝日石綿工業株式会社 水島工場開設
 
1961年(昭和36年)7月
 
四国浅野スレート株式会社を設立
1962年(昭和37年) 1月
 
浅野スレート株式会社 大阪工場開設
1962年(昭和37年)7月
朝日珪酸工業株式会社を設立
 
1962年(昭和37年)10月
 
浅野スレート株式会社 東京証券取引所第2部に株式上場
1969年(昭和44年)7月
 
浅野防火建材株式会社を設立
1970年(昭和45年)4月
朝日石綿工業株式会社 愛知工場開設
 
1971年(昭和46年)4月
 
浅野スレート株式会社 広島工場開設
1974年(昭和49年)11月
朝日石綿工業株式会社 石岡工場開設
 
1975年(昭和50年)11月
 
浅野スレート株式会社 茨城工場開設
1976年(昭和51年)6月
 
東北浅野スレート株式会社設立
1987年(昭和62年)4月
朝日石綿工業株式会社の商号を株式会社アスクに変更し、本店を横浜市鶴見区へ移転
 
1989年(平成元年)11月
アスク・サンシンエンジニアリング株式会社を設立
 
1991年(平成 3年)10月
山梨工場を分社化し、株式会社アスクテクニカを設立
 
1997年(平成 9年) 1月
 
広島工場を分社化し、中国浅野パイプ株式会社を設立
1999年(平成11年)2月
APコネクター部・滋賀工場がISO9002を取得
 
1999年(平成11年) 6月
愛知工場がISO9002を取得
 
1999年(平成11年)12月
 
大阪工場がISO9002を取得
2000年(平成12年)10月
株式会社アスクと浅野スレート株式会社が合併し、株式会社エーアンドエーマテリアルが発足、本店を東京都港区に定める
2001年(平成13年)2月
茨城工場・名古屋工場がISO9002を取得
2002年(平成14年) 6月
本店を神奈川県横浜市鶴見区に移転
2004年(平成16年)3月
茨城工場、愛知工場及び大阪工場を分社化し、それぞれ 株式会社エーアンドエー茨城、 株式会社エーアンドエー愛知、株式会社エーアンドエー大阪 を設立
2004年(平成16年)10月
名古屋工場を分社化し、株式会社エーアンドエー名古屋 を設立
2005年(平成17年) 1月
エーアンドエー茨城と技術開発研究所がISO14001を取得
2005年(平成17年)11月
技術開発研究所を茨城県筑西市に統合新設
2006年(平成18年) 2月
エーアンドエー大阪がISO14001を取得
2006年(平成18年)10月
エーアンドエー愛知がISO14001を取得
2009年(平成21年) 2月
工事請負業を会社分割により、エーアンドエー工事株式会社を設立

※ISO規格が改定され、ISO9002はISO9001に移行となりました。


11