ディスクロール・エコロール
高熱処理材搬送用ロール
ディスクロール・エコロール

ステンレス薄板の連続焼鈍炉やガラスの徐冷炉など、高熱処理工程搬送ロールとして活躍するロールです。

ノンアスベスト・ディスクロール

■特長

優れた断熱性
ロールの破損や脱落でステンレスを傷つけないように、優れた断熱性や耐熱・耐衝撃性があります。
優れた耐久性
1150oC~1200oCのステンレス薄板ラインでの実用耐久性評価でアスベストタイプと比べて同等以上の長寿命が実証されています。
適度な表面の硬さ
硬さと柔軟性とのバランスを適度に持たせ、クラックによるダメージが少ない柔らかさと耐磨耗性に優れた硬さを併せ持っています。
高い寸法安定性
加熱収縮率が小さいために、長時間変形することなく安定した搬送機能を発揮します。
任意の寸法が可能
ロール外径:70~600mm
ロール面長:500~6,000mm
上記の範囲内でラインの規格に合わせたサイズに加工できます。
メンテナンスが容易
使用中におきる局部的な偏磨耗や損傷を、再研磨することにより修正できます。通常3~4回の研磨が可能で肉厚の1/2程度まで使用できます。
熱ロスが少ない
高い断熱性によりロールの表面温度を保持して、水・空冷シャフト使用時のエネルギーロスを抑えます。

   
   
   



エコロール(断熱二重管搬送ロール)

■特長

優れた断熱性
断熱性の高いノンアスベスト・ミルボードを内部ロールに使用することにより、表面温度がロールシャフトの冷却部に伝わるのを防ぎます。従来の金属ロールに比べて、炉内雰囲気温度を高温に保ちます。
省エネルギー
高い断熱性がエネルギー消費と冷却水の大幅な削減を可能にし、地球環境への対応と製造コストの削減の両面で大きなメリットをもたらします。
安定した表面性能
最適な外管表面材を選択することにより、耐衝撃性、寸法安定性に優れた表面性能が得られます。
高い耐磨耗性
従来のディスクロールでは避けられない表面の偏磨耗を二重管構造で解決。断然ロールの長寿命化を可能にし、メンテナンスの手間を省きます。
搬送騒音の低減
従来の金属中空ロール体に比べ搬送時のロール騒音の削減ができます。
多用途
金属系、セラミック系、カーボン系ロールとして、多くの高熱処理工程に対応したオールラウンドタイプです。




11